仕事 / 働き方

退職後に必要な手続きは3つ【節税のテクニックあり】

retirement

Retirement退職したい人
「退職したいと考えているけど、必要な手続きって何?」
「出来るなら、保険料とか払いたくないです。」

本記事では、このような悩みを解決します。

退職後に必要な手続きは3つ

retirement

退職後に必要な手続きは、大きく3つ。

  • 国民健康保険に、切り替える
  • 国民年金に、切り替える
  • 失業手当を、もらう

退職してから、翌月までにやる必要があります。
実は、すこし忙しいです。

手続き自体は、簡単なのでサクッとやってしまいましょう。

退職後、すぐ引っ越す人は注意

引っ越す前に慌てて手続きしても、無駄になる可能性あり。
引っ越し先でも同じ手続きが必要になります。

退職後1カ月以内に引っ越しを考えている人は、引っ越してから手続きをしましょう。

僕は、退職後は実家に帰りました。
引っ越し前の地区で手続きをしたので、二度手間になりました。

特に、区役所の手続きってめっちゃ時間かかりますよね。
時間が無駄にならないように、注意です。

国民健康保険に、切り替える

kokuho fukuoka1

会社員が加入するのは「社会保険」。
ニートが加入するのは、「国民健康保険」です。

必要なもの。

  • 健康保険 資格喪失証明書
  • 身分証明書

資格喪失証明書は、退職前に会社からもらえます。

準備が出来たら、区役所に行きましょう。
保険年金課というところで、手続きをします。

案内の人に、国民健康保険に加入したいと伝えれば、場所を教えてくれます

手続きが完了をすると、保険証がもらえます。
健康保険証は、ちょっとダサい。

減額される場合も、ある。

それは、体調不良が原因で退職した場合。
その場合は、同じ窓口で減免手続きの申し込みをしましょう。

国民年金に、切り替える

国民年金保険料免除・納付猶予申請書 |様式集ダウンロード|労働新聞社

会社員が加入するのは、「厚生年金」。
ニートが加入するのは、「国民年金」です。

必要なもの。

  • 厚生年金 資格喪失証明書
  • 身分証明書

国民健康保険と、持っていくものは同じです。

これも保険年金課で受け付けてくれます。

資料を1枚書いて、提出したら終了。

厳しかったら、免除手続き可能

「国民保険料納付免除・納付猶予」という書類を記入することで、減免可能。

ただし、将来もらえる年金の額が下がります。

年金の額を下げたくない場合は、追納しよう。
払わなかった分を、あとから納付することもできます。

そうすれば、将来貰える年金は下がりません。

失業手当を、もらう

退職すると、失業保険がもらえます。
年収450万なら、月額16万円ほど。

Severance-pay
【計算不要】ひとめで分かる、失業保険の金額【年収〇〇円なら、いくらもらえる?】失業保険の金額を知りたいですか?本記事を読めば、失業保険の金額がひとめで分かります。退職時の失業保険の金額を知りたい方は、必見です。...

必要なもの。

  • 離職票
  • 身分証明書

離職票は、会社からもらえます。
退職したら、2週間くらいで家に届きます。

準備が出来たら、近くのハローワークに行きましょう。
求職の申し込みをして、離職票を提出したら手続き完了。

手続きをした、4か月後に失業手当がもらえる。

4か月後は、遅すぎる。
手続きしなくてもいいかな…。

そう思っていても、必ず手続きをしてください。
4カ月以内に就職すると、再就職手当がもらえるからです。

転職するにしろ、ニートするにしろ、失業保険の手続きしましょう。
必ず、得をします。

退職して、ニートになる場合の手続き3つを紹介しました。
参考にしていただければ、幸いです。

RELATED POST